Interview with Kaneko Yowohei of Mirock Toy

Interview posted on October 29th, 2010 / 平成22年10月29日

Mirock Toy

img_9146

A: What’s your inspiration for making toys?  Why did you want to make toys?

K: I really like making things.  I like taking a rough shape and changing it into something beautiful.

A: When did you begin to make toys?

K: I’ve always been making toys.  As soon as I graduated from school, I began working with a company, manufacturing products.

A: What’s the biggest challenge when making toys?

K: Well, at first, I can’t really make a rough sketch; I have to start carving it.  I can’t tell what the final shape will be until I start working with the wood.  Although it’s a lot of fun, it’s the biggest challenge.

A: What are the steps to make a toy?

K: First, I plan the toy in my head.  If I’m making a toy based on some already existing character, like with RealxHead, I’ll bring examples of that character home to study and get an overall impression.  Since I don’t have a concept sketch, I have to just start sculpting.  I sculpt, and trying to balance the shape is difficult.  I then have to arrange the entire sculpt until I am happy with the way it looks.

A: What’s your favorite character or shape to make?

K: Buddhist figures.  Definitely Buddhist figures.  Traditionally, old sculptors of Buddhist figures were incredibly skillful.  The skills modern sculptors use are completely different.  I can’t make it using the same traditional methods.

A: When did you start working with RealxHead?

K: Starting this year.  Takeuchi from Skull Toys introduced us, and we started working together.  Before then, I was working with a few other toy makers.  Companies like Kitarou.

A: What kind of toys do you like?

K: I like toys, but if they’re expensive, I don’t collect them (laughs).  Of course, I like RealxHead and Skull Toys.  I also like Goccodo’s products.

A: What can we expect next from Mirock Toys?

K: Recently I put a picture on my website of my new toy, Kagamijishi.  The mold for it is currently being made, and that will be next.  I also have some new projects with RealxHead planned.  Then there’s the work with Onell Design.

img_9139

A: インスピレーションは何ですか?どうして玩具を作りたいでしたか?

K: インスピレーションはもう、ずっと作るのが好きだったんで。エッジが、僕のはだいたい立ってるんですけど。形の中で、自然に見えるような感じで、そういうのをきれいに出したいなあと。

A: いつから玩具を作りましたか?

K: 作品をずっと作ってたんで、それはもう学校卒業してからずっとですよね。ずっともう、作る会社に、ずっといたんです。

A: 玩具を作る時何が一番大変ですか?

K: 最初に、下書きみたいなことを何にもやらないので、形がこう、掘り出しながら見えてくるまでが一番けっこう。

見えてきちゃうとわりと楽なんですけど、それまでがすごく(大変かもしれない)。

A: 玩具を作る時のステップ(作り方)は何ですか?

K: 最初、頭の中でだいたいかんがえて、そのまんまもう、作っちゃいますね。資料がある場合は、たとえば、リアルヘッドさんの物を作る場合は、もうそれを持ってきて、そのまんまもう作り出しちゃう感じです。もうそんな下書きとか、エスキースとかはないんで、もう先に、作ってしまうという感じです。それ(デザイン)の通りにっていうと、逆にそっちのほうが僕には難しいんです。これをアレンジしろって言われたら、もうそのまんま、そのアレンジするものを持ってきて作り始めちゃう。

A: 一番好きな作る物は何ですか?

K: やっぱ仏像。仏像ですかね。むかしの人のほうがやっぱり全然うまい。ぜんぜん、今作ってる人たちとは、技術がちがうんですよね。ああいうすごいのは出来ないんですけど。

A: いつからリアルヘッドと一緒に働きましたか?

K: 今年に入ってからですね。Skull Toysの竹内さんの紹介で、やらしてもらって。それまでは、有頂天というところでやってたんです。ブランドです。ソフビブランド。キタロウとかそういうののところ。

A: どんな玩具が好きですか?

K: 玩具、やっぱりソフビが好きなんですけど、なかなか高いんで自分だとあんまり、集められないんですけど(笑)。やっぱりリアルヘッドさんとか、Skull Toysさんとか、すごく好きです。あとあの、ゴッコ堂さん。ゴッコ堂さんの商品はすごく好きです。

A: ミロックトイから、すぐに何を計画しますか?(次はどんな商品)

K: 次は、いま、ブログに載せたんですけど、今、「歌舞伎の鏡獅子」っていうのを作ってるんですけど、それがいま金型に入ってるんです。次はあれを出して。オリジナルの方と、あとリアルヘッドさんとはいくつか、まだこれから出る予定のものがあるので。新作とか。あとOnell Designさんのやつ、今から入っていくので、あそこらへんのやつ(作品)が、このあとは出てきます。

img_9080

Advertisements