Interview with Doki Satoru of Yamomark

Interview posted on August 8th, 2010 / 平成22年8月22日

Yamomark

img_8331_edit

A: When did you start making toys?

D: Over 10 years ago, I started helping a friend that was making toys.  But even before I was using vinyl, I used clay.  This was when I was in High School, so over 30 years ago.  I’d make things like Ultraman kaiju from clay or paper-mache.

A: Why did you start making toys?

D: Why…probably because I didn’t have many toys, and even with the ones I had, I wanted more variety.  I decided that I could make the toys I wanted by myself.  I liked the way soft vinyl felt, so I wanted to make my own vinyl toys.

A: What was the first toy that you made?

D: Kemur, I think.  From Ultra Q.

A: What are some of the challenges with making your first toy?

D: Hmm, yeah, there were a lot of challenges.  Balancing the toy was difficult, and still is.  I don’t want the legs and arms straight and rigid.  I don’t want the toys to look like dolls, so I have to design the limbs to look different.  Making sure the legs and arms aren’t uniform, but can still support the toy and look interesting.  That’s the most difficult part.

A: What is your inspiration for your characters?

D: With Yamomark toys, my ideas mostly come from plants or animals.

A: Yeah, I can see that.

D: I try to combine it with Tokusatsu-style characters.  I take characters from Super Sentai or Kamen Rider, mix different aspects, and create my own unique character.  If I take too much inspiration from things like Kamen Rider or Kikaider, and use it in my own design, I wonder what people will think.  So for now, my toys have boots (laughs)!  Mysterious superheroes have always worn boots!

A: Like professional wrestlers.

D: Yeah (laughs).  Exactly.  Kamen Rider, too.

A: Is there a story behind your characters?

D: Yes, there is.  Every character has a story.  For example, Yamobazooka was a dying gecko that was found by a bug collector and turned into a cyborg.  He uses the bazooka to catch other insects and reptiles to eat.  Mushroom Soup Man suddenly appeared from a boiling pot of mushroom soup.  He catches misbehaving children and eats them.  This is a story with my Nickel Kamen character.  I want all my characters to fit within one overarching story, like a manga or a movie.  I don’t want my characters to only be vinyl toys.  I’m now trying to decide how I can best tell the story.  I’ve recently started working with an artist to illustrate a manga telling the stories of my characters.  Nickel Kamen, Smoking Frog, and several other characters will be in a big fight.

A: Your toys are definitely kaiju inspired.  Did you collect kaiju as a child?

D: When I was a kid, I couldn’t buy them.  Even small toys.  It wasn’t until Junior High School when I had pocket money that I could buy toys.  Afterwards, my friends that were also in Junior High were buying kaiju toys.  Since then, my collection has grown more and more (laughs)!

A: What toys do you like now?

D: I like Marusan/Bullmark’s old toys.  Those are what I have the most of.  I also occasionally buy toys by Butanohana and Sunguts.

A: What toy makers do you like?

D: Toy makers?  Of course Marusan/Bullmark, since they made wonderful toys from the start.  For more modern toy makers, Yajima from Dream Rocket is really talented.

A: At Wonderfest, didn’t you and Dream Rocket work together?

D: Yeah, we did.

A: Everything sold out really fast.

D: There were a lot of people that came by and bought them.

A: Who else have you collaborated with?

D: Other than Dream Rocket…Blobpus.  Matt Walker/Dead Presidents, too.

A: If you could work with any artist, who would you work with?

D: But I do everything myself (laughs)…I really like being able to make my own toys without restrictions.

A: How do you decide what toys to make in mini size, and what toys to make in standard size?

D: My standard size is from Bullmark’s large size.  Since I liked Marusan and Bullmark, when I started, I wanted to make standard sized toys.  The mini size is also on scale with Bullmark’s mini size.  They were originally 60 yen.  The large size was 350 yen.  With my toys, I have to pay much more attention to detail with the standard size.  If I make the standard the exact same as the mini, it won’t sell.  So I make the mini first, then slowly develop it into a standard size.

A: Can you explain the steps you go through to make a toy?

D: First I draw the character, and I get to work on it in clay.  With the clay, I get an idea of how the toy will look when finished, and make a lot of changes to the original design.  Then I think about the illustration separately, and what I like.  I’ll move on to the clay sculpture, and think about what parts I like.  Then I’ll change the sculpt even more.  Often, the final sculpt and the original drawing are completely different.

A: How long does it usually take you?

D: Hmm, it’s different for every toy.  I have to often stop, and think about the overall design and what I want to change.  Maybe if I’m fast and work hard, from the first design to the finished prototype, it takes about a month.

A: Do you do all your own sculpting?

D: I do the prototype in clay by myself.  I do the entire process by myself.

A: Paint, too?

D: Paint, too.  Once I have the unpainted finished product, people begin ordering, and I have to quickly paint the rest myself.  I try to keep my price low, and just break even on costs.  So I have to do it all myself.

A: Do you ever use a paint mask?

D: I don’t.  I use an air brush, then I do the details with a normal brush.  I’ll sometimes use masking tape, though.  Making masks is expensive, so I don’t use them (laughs).

A: What’s your favorite Yamomark toy?

D: My favorite is…this one.  Daiou Gusoku Mushi (Isopod).  Or this one.  The Barabarian.

A: What’s your most popular toy?

D: My most popular toy is this one (Barbarian).  I’ve made a lot of Barbarians.  Next is probably this one (Yamobazooka).

A: What did you pick the name “Yamomark?”

D: Well, gecko (“yamori” in Japanese) and Bullmark.  I combined them, and imprinted the foot of my toys with a gecko (laughs).

A: What can we expect next from Yamomark?

D: My next toy?  On my blog is a picture of my next toy, Birabiran.  A female carnivorous plant monster.

A: That’s it, thank you very much.

img_8468_edit

img_8403_edit

A: いつ玩具を作り始めたのですか?

D: もう10年以上前ですけど、友達の会ってた玩具メーカーを手伝ったんです。でもその前からソフビじゃなくて、粘土でやるのは、高校生くらいのころから、30年くらい前からやってます。高校生くらいの頃から。紙粘土で、ウルトラマンの怪獣とか。

A: どうして玩具を作ろうと思ったのですか?

D: どうしてでしょうね...やっぱり自分の持ってない玩具でも、こんなのが欲しいっていうのは、いろいろあるじゃないですか?もっとこいう玩具があったりいいのにというものも、自分で自由に作れるから、それでもう、自分でやりたかった。それで、ソフトビニールの材質が好きだから、ソフビでやりたかったんです。

A: 初めて作った玩具は何ですか?

D: ケムール人かな。ウルトラQの。

A: 初めて玩具を作った時、何が一番大変でしたか?

D: ええ、そうですね。間着の角度とかですね。要は、足がまっすぐとか、手がこう、平行になってないといけなくて。やっぱ間着があると、どうしても人形が斜めになったり、変になっちゃうので。そのへんをうまくやるのが、難しかったですね。

A: どのようにキャラクターのアイディアが浮かんできますか?

D: ああ、そうですね。最近のヤモマークの製品で言えば、やっぱりいろんな植物と動物。

A: そうですね。

D: ええ、あとはテレビにでてくる特撮のキャラクター。戦隊とか仮面ライダーとかのキャラクターを、いろんなものをまぜてね、今まででてこなかったやつを、自分なりに、ね。

もし仮面ライダーとかキカイダーとかああいうものに、自分のデザインを採用してもらえるとしたら、こんなのはどうだろうっていうような。そういうことを考えます。

だから、とりあえず、ブーツは(笑)むかしの怪人がみんなブーツ履いてたからね。

A: レスラーっぽい。

D: はい(笑)。そうですね。仮面ライダーの。

A: キャラクターの物語がありますか?

D: はい、ありますね。皆あります。例えばヤモバズーカは、死にかけのヤモリを、は虫類マニアがサイボーグ化した怪人。このバズーカ砲で、昆虫を捕まえて食べる。キノコ汁男は、沸騰したキノコ汁鍋から突然あらわれて。悪い子供をね、つかまえて食べる。そういう感じで。

一応、ニッケル仮面シリーズでやってますから、やっぱり、最後はひとつの物語にしたいんですよ。ヒーロー者のね。漫画なり、映画なり、物語でも良いんですけど、ちゃんとひとつのストーリーとしてまとめてね。ソフビだけじゃなくて、なんか違うかたちでって、いま考えてます。

とりあえずいま漫画をね、よく塗り絵を僕のイベントで配るんですけど、あのイラストを描いた漫画のひとにいまイラストを頼んでますから。ニッケル仮面、カエル番長とか、あのへんが戦う漫画をいま描いてますよ。

A: ヤモマークの玩具は絶対に怪獣です。子供の時に怪獣ソフビを収集しましたか?

D: 子供のころ買ってもらえなかったんですよ。小さなころ買ってもらえなくて。中学生ぐらいになってから、やっと自分の小遣い(こづかい)で買えるようになって。あとは、友達が、もう中学生ぐらいになると怪獣の玩具はいらなくなってるんで、「いらないやつくれ」って言って集めました。もうだから、大きくなってからですね(笑)。

A: 今どんな玩具を収集しますか?

D: 今、そうですね。まるさんブルマーク、むかしのね。それが一番おおいんですけど。そうですねあと、ぶたのはなさんとか、サンガッツさんとか好きで、時々買いますけど。

A: 好きな玩具職人は誰ですか?

D: おもちゃ職人?それはもちろん、まるさんブルマークの、最初に作ってた人たちはすばらしいと思いますけども。あとは、今でドリームロケットのやじまさんとか、すごいねと思いますけどね。

A: ワンフェスでヤモマークさんとドリームロケットさん一緒に...

D: このあいだ一緒に。ええ、やってました。

A: 早くソールドアウトになりましたね。

D: 皆すごい人いっぱいいるんですよ。

A: 誰と合作しまたか?

D: ドリームロケットと後、えっと、Blobpusさん。あの人...Matt Walkerさんやってもらいました。

A: もしだれか玩具職人と一緒に働けるとしたら、どんな人がいいですか?

D: でも、一人でやっるのが一番 ()...自分で自由にできるので、いいと思います。

A: 玩具のキャラクターの大きさはどのように決めてますか?

D: これはもうブルマークの大きさです。もうとにかくまるさんブルマークが好きで、はじめてますんで、スタンダードサイズでやってます。ミニも、ブルマークのミニサイズ。60円だね。むかし作った。大きさは350円サイズ。あんまりそれより大きくならないよう気をつけてます。

ちっちゃくしちゃうとね、売れない。みんなちっちゃいって怒るので、だからぎりぎり、ちょっと大きめかな?に、作ってます。

A: 玩具を作る時のステップは何ですか?

D: まぁ、絵を書いて作る時もあるけど、最初から粘土でやりだして、ね。粘土をいじりながら、ちょっと角をこっちに付け替えて、やってみてかっこわるいからちょっとこっちにしようか、なんてね。粘土だけで考えるときもあるし、絵だけで考えるときもあるけど、まあでも、結局粘土で考えてるかな。やっぱり立体にしちゃうとね、絵と違ったりするんで。うん、そういう感じです。

A: どのくらいかかりますか?

D: そうですね。どのぐらいだろ...早い時は...ちょっと分からない。ものによってぜんぜん違うしね。てきとうに考えてできちゃうときもあれば、すごい一生懸命考えてやるときもあるし。デザインから原型が終わるまでは、1ヶ月ぐらいかな。

A: 自分で彫刻できますか?

D: 粘土で、原型をつくることですよね。それはぜんぶ自分ですね。

A: ペイントも?

D: そう、ぜんぶ自分で。原型から。人に頼んだら、俺のお金、人にあげなきゃいけないじゃないですか(笑)。そしたら、

儲けでないっていうか、プラスでないですよね。ぜんぶ自分でやらないと。

A: マスクを使いますか?

D: マスク使わないです。エアブラシをほそーくして、あとは筆塗りですね。あとはマスキングテープを使ったりするときもありますけど。マスク代は高いんで、使いません(笑)。

A: 一番好きな自分の玩具は何ですか?

D: 一番好きなはね...これかな。ダイオウグソクムシ。でも、これも。バラバラン。

A: 一番人気のある自分の玩具は何ですか?

D: 人気があったのこれです。バラバランが一番出ましたね。次はこれですね(ヤモバズーカ)。

A: どうしてヤモマークと言う名前にしたのですか?

D: えっとね、ヤモリとブルマーク。ここにとにかく、ヤモリの絵を入れたかったんですよ(笑)。

A: ヤモマークから出る、次の製品は何ですか?

D: 次の製品?今にブログにのってる、ビラビラン。女の怪人。食虫植物。

A: じゃ、終わります。ありがとうございます。

img_8356_edit

Advertisements